人物

増山江威子声のキャラ守った声優人生「若い頃から美人で女優も」家族との絆

人物

ルパン三世の峰不二子や天才バカボンのママの声優で知られる増山江威子さんは、若い頃から美人で女優業もしていました。

声優さんはなかなかテレビ出演する機会がないため、増山さんのお顔がわからないという人も多いのではないでしょうか。

古谷徹コナン声優交代はある?「あの安室透にはもう会えない」今後のシナリオ考察を3選!

TARAKOさん死去「まる子」声優交代は誰?「国民的アニメ人気キャラ声優」に注目

増山江威子声のキャラ”イメージを守りたい”顔出しNG

声優として、『ルパン三世』の峰不二子や、『天才バカボン』のママ、『キューティーハニー』の如月ハニー、『一休さん』の伊予の局/ナレーション、『パーマン』のパー子など、有名キャラクターたちを演じてきました。

TAAF2017アニメ功労部門の顕彰者に選ばれたほか、第15回声優アワードで功労賞を受賞しています。

増山さんの主なアニメ出演作

『ルパン三世』峰不二子
『天才バカボン』ママ
『キューティーハニー』如月ハニー
『一休さん』伊予の局/ナレーション
『パーマン』パー子
『太陽の子エステバン』ナレーション
『キャプテンフューチャー』ジョーン・ランドール
『悟空の大冒険』竜子
『山ねずみロッキーチャック』ポリー
『魔法使いチャッピー』チャッピー
『オバケのQ太郎』U子
『怪物くん』怪子ちゃん(怪子姫)
『まじかる☆タルるートくん』河合伊奈

増山江威子さんと言えばやっぱり、峰不二子ですよね!

かっこよくて強い女性の代表、憧れの女性でしたよね。

『天才バカボン』ママ

バカボンママの声も、増山江威子さんが演じていたんですね。

峰不二子とガラッと変わって、優しいママの子でした。

 

『パーマン』パー子『オバケのQ太郎』U子

こちらは、貴重な動画です。

リクエストにこたえる形で笑福亭鶴瓶威さんとの対談で『パーマン』パー子と『オバケのQ太郎』U子の声を使い分けています。

増山江威子さんは、キャラクターのイメージを壊したくないという理由で、顔だし出演はNGだったそうですので、この映像は貴重です。

 

『キューティーハニー』如月ハニー

なんと、初代キューティーハニーを演じたのは増山江威子さんでした。

変身シーンは子どもたちが釘付けになったのではないでしょうか。

キューティーハニーは、増山江威子さんにとって

声優人生始まりへのきっかけとなる作品だったようですね。

豪華‼生アフレコ映像

こちらは、「ルパン三世 カリオストロの城」出演の山田康雄さん、愛川欽也さんと共に番組内での生アフレコを披露した貴重な動画です。

古谷徹コナン声優交代はある?「あの安室透にはもう会えない」今後のシナリオ考察を3選!

TARAKOさん死去「まる子」声優交代は誰?「国民的アニメ人気キャラ声優」に注目

 

増山江威子声のキャラ”イメージ通り”若いころから美人

増山江威子さんは、東京都出身。

幼少期からバレエを習っていた増山さんは、タカラジェンヌやバレリーナを目指してレッスンをしていたものの、肺病を患い12歳で断念しています。

15歳の頃に毒蝮三太夫・稲吉靖司・影万里江・北浜晴子・豊原ミツ子らと「劇団山王」を立ち上げて、本格的に女優として活動を開始したころのお写真がこちら。

あゆむ
あゆむ

モノクロ写真でも美人さんってわかるね

友犬A
友犬A

15歳で劇団を立ち上げたことにもオドロキ!

数年後、劇団四季の創設者である浅利慶太さんに頼まれて劇団四季に移籍しました。

増山さんは劇団四季時代にラジオドラマやアテレコの仕事をしたことで、声の仕事に興味を持つようになったそうです。

1960年代からは声優事務所・青二プロダクションに移籍し、声優として本格的に活動し始めました。

艶っぽい美人の声代表の声優でしたが、若い頃の画像を確認したところ、増山さん本人の容姿も美人でした。

 

増山江威子声のキャラ”実生活は良妻賢母”旦那と娘「親子の絆」

増山江威子さんの旦那さんはTBSのチーフプロデューサーの政田一喜さんです。

 

2023年6月15日の「マムちゃんねる」にて、旦那さんが亡くなってまだ1年経っていない事を話されています。

増山江威子さんは「まだ辛く、そうそう簡単には諦められない」と話しています。

旦那さんはTBSで勤務されてて、その後は歌舞伎・文楽の解説員やフリーで舞台中継・テレビなどの制作・演出を行っていました。

増山江威子さんは結婚後、声の仕事だけに集中して家庭や子育てを仕事と両立させるため、声優に専念するようになります。

2017年6月4日の「ラジオ深夜便」では、増山江威子さんは、ご自身の結婚観について次のように語っていました。

結婚適齢期が来たらキチンと結婚し、ちゃんと人並みにやりたいと言う願望がありました。

仕事をしてるから家の事はいい加減でいいではなく、結婚と言う形をとったなら、両立させたい。家をほったらかして、仕事をしたいと思うなら、結婚はしなかった。

さらに、旦那さんは

「家庭に入って欲しい」とは言わずに、「仕事をやってた方がいい」

という考え方の人でした。

また、ウィキペディアによりますと、増山江威子さんには娘がいます

この情報は、1979年「TV洋画の人気者 声のスターのすべて」、1980年7月「月刊OUT 声優インタビュー増山江威子さんの巻」が引用元となっています。

1979年時点で娘さんが生まれているということは、少なくとも現在45歳以上の方という事になりますね。

同番組では大人になった娘さんの話もされています。

娘さんとは友達みたいな感じで、娘さんは「私の母親がママで良かった」とよく言ってくれてるそうです。

そんな風に娘に言わる事は子供に認められた感じで嬉しいそうで、増山江威子さんも「そういう娘で良かった」と思ってるそうです。

古谷徹コナン声優交代はある?「あの安室透にはもう会えない」今後のシナリオ考察を3選!

TARAKOさん死去「まる子」声優交代は誰?「国民的アニメ人気キャラ声優」に注目

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました