災害

台湾地震津波警報「みんなどこへ逃げた」高台でも津波30㎝は危険

災害

2024年4月3日に発生した台湾地震。

この地震で、日本国内では沖縄県与那国町で震度4を記録し、気象庁は沖縄本島と宮古島・八重山地方に津波警報を出しました。

メディアでは一斉に「高台に逃げて!」と繰り返し訴えていました。

沖縄に津波警報「高台に逃げて!」高台ってどこ

那覇市の本庁舎は、津波の避難場所になっているとのことですが、海抜は2メートル、海からの距離500メートルというのは驚きです。

内陸部の高台への避難が確実だとは思いますが、車での避難はリスクが高いと言えます。

主な交通手段が車という沖縄ですが、いざというときの避難方法について沖縄県民の防災意識を変える必要がありそうです。

人々が集まった津波避難場所

  1. 津波避難タワー

2.国保会館

3.ビルの屋上

4.高架橋

5.自衛隊基地

6.高台にある公園

那覇市の商業施設と海抜

施設名 海抜/
標高
住所
マックスバリュ泡瀬店 2m 泡瀬4丁目5-7
ユニオン あわせ店 3m 古謝976-1
沖縄県総合運動公園 5m 比屋根5丁目3-1
イオンタウン知花 57m 知花6丁目
かねひで山内市場 77m 南桃原4丁目29ー6
コザしんきんスタジア厶(沖縄市野球場) 84m 諸見里2丁目1-1
沖縄市役所 90m 仲宗根町26-26-1
イオンモール沖縄ライカム/プラザハウス 93m 中頭郡北中城村字ライカム1番地
沖縄こどもの国 132m 胡屋5丁目7番1号

※一般的に建物の1階分の高さは約3m(10階なら30m)です。

ちなみに、宮古・八重山諸島は避難困難地域となっています。

こういった地域には津波避難タワー、津波避難ビルとして登録されている施設への避難を誘導されているようです。

津波警報3mから解除へ「実際の観測値は30㎝」

この画像を見ると、とても高台に避難したとは言えません。

東日本大震災規模の津波が襲ってきたら、この高さでは安全とは言えないと思います。

結局、津波注意報に切り替えた後、正午には注意報は解除されましたが、沖縄地方で30センチ前後の津波が観測されたとのことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました