水原一平違法賭博事件

大谷翔平海外メディア起訴される可能性「大谷の本当の姿を誰も知らない」30歳になるのに?

水原一平違法賭博事件

ドジャース・大谷翔平(29)の元通訳、水原一平氏(39)をめぐる賭博スキャンダルでの海外の反応として、米国でスポーツ賭博やギャンブルを専門とする弁護士のダニエル・ウォラック氏にZoomインタビューを週刊文春が実施しました。

今だ解決されないどころか、IRS=内国歳入庁の元幹部は「捜査には数年かかる可能性がある」と指摘しています。

水原一平の違法賭博知っていた?大谷翔平逮捕の可能性が浮上「共犯だった」

大谷が何も知らなかったというシナリオはあり得ない

大谷選手を巡る報道は、日本では「一平さんはなんてことをしてくれたんだ!」という論調が強いように思えます。

つまり、責任を全て水原氏に押し付けるような見方ですね。

しかしアメリカの論調はもう少し複雑になっています。

ウォラック氏はスポーツ賭博の専門家として地元・フロリダ州で複数のプロスポーツチームに助言を行ったり、カリフォルニア州やニューヨーク州議会で証言するなど、第一人者として知られる人物。

そのウォラック氏が

「大谷が何も知らなかったというシナリオはあり得ない」

と疑問を呈しています。

また、ウォラック氏が指摘したのは、大谷の口座から移された巨額の資金について

「顧問団の目に留まらなかったとは、信じられない」

このように驚きを隠せないようです。

大谷ほどの選手であれば、通常はファイナンシャルアドバイザー、会計士、弁護士などからなる金銭管理チームがあるはずです。数カ月から数年の間に何百万ドルもの資金が口座から移動していることが、大谷や彼の顧問団の目に留まらなかったとは、信じられないのです」(ウォラック氏)

あゆむ
あゆむ

一般庶民の感覚では、なかなか理解できないところよね

ESPNは昨年9月と10月にかけて少なくとも2回にわたり、大谷の口座から50万ドルずつ、合計100万ドル(約1億5000万円)の電子送金が確認されていると報じていました。

水原氏の借金返済に同意していないという大谷の発言が事実ならば、少なくとも5カ月近い期間、1億円を超える出金に大谷側が気が付かなかったことになるのって、不自然ではないでしょうか。

大谷が窮地に追い込まれる可能性

「そもそも、米国では金融機関に対しても、電子送金が違法な目的で利用されないように管理することが法的に義務付けられています。加えて、1万ドル以上の電子送金があった場合、銀行や金融機関には内国歳入庁への報告義務が発生します。これだけ多額の送金ならば、日本語を話せるスタッフが口座の名義人に直接確認してもおかしくない」(ウォラック氏)

そしてこの事件、いまだ釈然としないのは水原氏の証言にあります。

水原氏は当初、ESPNの取材に対し、「大谷の了解のもと送金した」と証言していました。

しかしすぐ後に水原氏はその証言を撤回しています。

最初の証言が事実であれば、大谷が窮地に追い込まれる可能性もある、とウォラック氏は言っています。

「大谷自身は賭博をしていないし、あくまで水原氏が窮地に陥ったから助けただけかもしれない。ですが、違法賭博を“幇助”した罪で起訴される可能性があります」(ウォラック氏)

大谷の会見「潔白」という説明は納得がいかない

ニューヨーク・ポスト紙のジョエル・シャーマン記者は

「彼は要するに、自分が騙されやすく、バカだと言っているのだ」

先日の大谷選手の会見を受けて、水原氏が何をしているか全く気づいていなかった大谷選手は愚か者だと断罪し、大谷選手の潔白という説明は納得がいかないと独自の見解を述べています。

また、大谷選手の10分間にわたるスピーチは、記者が質問できなかったことから

「記者会見とは呼べない」

と批判しています。

USA Today紙のボブ・ナイチンゲール記者もまた、

「暴露された暗い秘密も、刺激的な告白も、謝罪もなかった」

と述べました。

そして、今後の捜査が進むにつれ万が一大谷選手が賭博について知っていたことが判明した場合、

「たとえオオタニに罰金が科されるだけになったとしても、それは間違いなく彼の評判を曇らせ、ワールドシリーズ勝利を目指すドジャースに支障を与えるかもしれません」

と語っています。

アメリカメディアが考えるオオタニに対する4つの疑問

アメリカのメディアを見ると

  • オオタニの奇妙かつ不必要な否定は疑惑を高めるだけだ
  • 賭博スキャンダルに関するオオタニ側の主張は腑に落ちない

など今も疑問を抱えているようです。

スポーツニュースサイト「Fansided」は

「大谷翔平は記者会見でメディアを避けた後も、まだ答えなければならないすべての質問に答える必要がある」

と題する記事で、次の4つの疑問を投げかけています。

1. なぜ、大谷選手サイドは記者からの質問を拒み、メディアが会見場に撮影用のカメラを持ち込むことを許可しなかったのか? 完全に潔白と主張しているのに、非常に奇妙な対応だ。

2. なぜ、大谷選手は自分の銀行口座から450万ドルがなくなっていることに気づかなかったのか? なぜ、銀行はお金がなくなっていることを大谷選手に警告しなかったのか。なぜ、大谷選手の許可なく、多額のお金が電信送金されることができたのか? なぜ、大谷陣営は誰もお金がなくなっていることに気づかなかったのか。大谷選手が多額のお金が消えたことを認識していなかったのは非常におかしい。

3. なぜ、水原氏は大谷選手の銀行口座にアクセスできたのか? また、なぜ、大谷選手は彼がアクセスしたことに気づかなかったのか? 非常におかしい。大谷選手が会見で質問を受けなかったことで、なおさらおかしいと感じる。

4. 当初、大谷選手のスポークスマンからの話は、大谷選手が水原氏の賭博の借金を返済することに同意したというものだったが、話は水原氏が借金を払うために大谷選手から金を盗んだことへと大きく変わった。大谷選手は水原氏による送金やギャンブル依存症についても知らなかったと話した。水原氏はどうやってこれほど長い間、大谷選手に知られずにいることができたのか? 矛盾した報道が生まれる原因となった出来事について、大谷選手の視点が得られればと思う。

ESPNの記事掲載を大谷に伝えなかったのはなぜか

アメリカの「ヤフー・スポーツ」はオオタニ陣営の対応にも疑問を呈しています。

「なぜ、誰も、大谷選手にESPNが記事を掲載しようとしていることを伝えなかったのか?」

伝えなかった理由について、

「おそらく、水原が(オオタニとオオタニの関係者の間の)仲介者という自分の役割を利用して何が起きているか隠していたのだろう。オオタニの関係者は水原以外を通してオオタニと話をしなかったのか? そうだとしたら、オオタニ陣営は驚くほど無能だということだ。また、水原がオオタニの人生に深く入り込んでいたことを示している」

との見解を述べています。

また、不審な点はドジャースの広報担当官が先に大谷選手本人に事実確認をしなかったのはなぜなのでしょうか。

これには、広報担当官にとって水原氏の言うこと=大谷選手の言うこと、という甘い認識があったのではないかと思われます。

2人は周囲から一心同体のような存在に見られていたとはいえ、やはり対応の甘さは指摘されてあたり前かもしれません。

同メディアはまた、

「いずれバレる犯罪であるにもかかわらず、なぜ水原氏がこのような犯罪を企んだのかわからない」

と疑問を呈しています。

あゆむ
あゆむ

いずれバレるって、小学生でもわかりそうなのに…

友犬A
友犬A

嘘にウソを重ねて、自分でもわからなくなっちゃったってことなのかな

「彼は本当に、誰にも気づかれることなく、オオタニの銀行口座から450万ドルを引き出せると思っていたのか?」

「彼は本当に、誰もオオタニ選手本人には話を聞かないと思っていたのか?」

「彼は本当に、自分のしていることがバレるまで、放置していたのか?」

「彼が、オオタニ選手が借金を肩代わりしてくれたことにしようと企んだことはあり得るが、それは逃げ切ることができない驚くべき企みだ」

アメリカメディアでは、こうした疑問が解決されないままなので、憶測とはいえ「大谷逮捕」も十分ありうるという報道がされているようです。

会見後もアメリカでは懐疑的なコメントが数多い

 

アメリカの人々は、会見後の大谷選手に対する見方を変えたのだろうか?

残念ながら、相変わらず会見前と同じ懐疑的なコメントが数多い。

  • 「オオタニの口から出てくる言葉は一言も信じられない」
  • 「オオタニはウソをついている」
  • 「スケープゴートになったイッペイはいくらもらったんだ」

なんと、水原氏がオオタニ陣営にお金で口封じされたのだと憶測する声まであるようです。

そしてやはり疑念の多くは

「お金がなくなっていたことに、オオタニが何年も気づいていなかったなんてあり得ない」

といった声が多いのです。

「オオタニはうそをついている?」人間性への不信感

ロサンゼルス・タイムズのスポーツコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス氏は、

大谷選手はメジャーリーグに移籍して以来、彼は何者なのだという謎を皆に抱かせており、その謎が説明されれば、彼の主張は信頼性を高めることができたのではないかとの見方をしている。

謎を抱かせているのは、大谷選手がジャーナリストや選手たちから距離を置いて、私生活も明らかにしていないから、という背景も考えられます。

大谷選手の秘密主義は、アメリカ人へのアプローチとしては欠点となり、大谷選手の言うことを信じられない人が出てくるのも無理はないかもしれません。

「オオタニが何者なのか全く分からないのに、オオタニの言うことをある程度の確実性を持って信じることができる人は、理性を放棄した狂信者以外にいるだろうか?(いないだろう)」

謎に包まれた大谷選手の素顔「明らかになれば世論も変わる?」

 

多くのアメリカ人たちは、大谷選手が野球にしか興味がない野球少年で、お金に無関心だからこの事件に巻きこまれたので?という印象もあるようです。

そうであったとしたら、“水原氏が数百万ドルを盗んだことに大谷選手が気づかなかったのはおかしい”という疑問は人々から出てこないのではないでしょうか。

しかし、実際は大谷選手が人々から距離を置いている為、人々は彼がどんな人物かわからず疑念が生まれている状況があるのかもしれません。

 ヘルナンデス氏は「オオタニ選手の性格がほとんど知られていないため、スキャンダルを洞察することはできないが、逆に、この事件から明らかになる詳細によって、オオタニ選手が何者であるかが明らかになるかもしれない」との見方も示している。

Shohei Ohtani needs to grow up in the wake of Ippei Mizuhara revelation

ヘルナンデス氏は、「大谷翔平はいい加減大人になれ」と大谷選手に対してい辛辣なメッセージを送っています。

通訳に球場にまで運転させ、日本食のお弁当も取りに行かせてと、実は彼は「オレ様」だったのではないでしょうか。

まだアメリカの人々には知られていない、大谷選手の本当の顔とはいったいどんな顔なのでしょう?

あゆむ
あゆむ

日本人だって、大谷選手の素顔なんて知らないよね

友犬A
友犬A

素晴らしい人!ってみんな言ってるからそうなのかな?っていう感じ

疑問が残されたままとなった大谷選手の記者会見でしたが、事件の解決には数年かかるとも言われていますので、今後の捜査の進展を見守るしかないのでしょう。

ただ、今後大谷選手サイドは疑問の声に応えるべく、撮影を許可し、記者の質問に応じるオープンな記者会見を開いて、記者を納得させられる対応も必要となるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました